【WHY考察】大ピラミッドと古代エジプト人の謎【二分心×電波塔仮説】

世界の謎

前回の記事・・・【なぜ?どうやって?】大ピラミッドと古代エジプト人の謎

<WHY考察> 現代人の価値観に沿って考えるべきではない

 巨大なピラミッドや神殿、石像の建設、装飾を見ると古代エジプト人の異常なまでの執着を感じます。

 無論、古代エジプトだけではなく、世界中に残る古代文明共通の謎でもあります。

 言葉は過ぎますが、単なる王の墓(だったと仮定して)になぜこれほど膨大なリソースをつぎ込んだのか?

 一つの仮説として浮かび上がるのが、ピラミッドを計画し建設に携わった人々は、明らかに現代人が有していない能力を持っていた可能性です。

二分心×ピラミッド電波塔説

古代エジプトに響いていた神々の声

 紀元前2500年、古代エジプト人と現代人とでは精神構造が大きく違う事を、心理学者ジュリアンジェインズは二分心仮説として提唱しました。

 この仮説によれば、3000年前まで人々は内観する意識を持っておらず、脳内に語りかける神々の声に従って行動していたといいます。

 極端な話、当時の人々の大多数が統合失調者であり、神々の声が行動を想起させるために絶対必要な要素だったと。

 神や王といった権力に対して、現代人が抱く敬意をはるかに凌駕する畏敬や信仰心を持っていたと考えられます。

 当時の人々は、意識から生じる感情や損得といったエゴと分離しており、超合理的、超ドライな人たちだったと表現しても過言ではない。僕たちも、何かの作業に集中(ゾーンに入っている)しているときは時間を忘れて没頭するように、彼ら一人ひとりが、ピラミッドが本当に必要だと信じて疑わなかったからこそ作ることが出来たのです。

 彼らにとって本当に必要なもの・・・例えばライフラインです。

 当時、神々の声は水や食糧といった生きるために必要な生活必需品(インフラ)に近かったのではないか。と一考してみると、見方ががらりと変わります。

 脳内に響く神々の指令が、集合的無意識で共有された二分心の集団によって建設されたのがピラミッドだと仮定します。従ってピラミッド設計図が存在しないのは二分心仮説と矛盾しません

 古代において神々は必ずといっていいほど登場し、それだけ当時の人々と密接に繋がっていたことが伺えます。

 神々の声が指令として必要不可欠だったのであれば、現代のインターネットのように情報を受け取るための重要なインフラだと考えられていたのではないでしょうか。官民みなが必要だと信じていたから一体となって大規模なピラミッドや石彫、像を作った。そう考えると公共事業説もあながち間違っていない。

ピラミッド電波塔説

 古代エジプトではピラミッド近くに都を遷都していきます。故に都の中心に神や王の像を奉る神政政治となっていく。

 権力側は民の統制を取るため、民衆側は生きる羅針盤を得るために両者WINWINであった。


 ピラミッドのようなどこからでも見える巨大な施設が、民衆に対して神々の声(幻聴)を引き起こす催眠機能を持つ、いわゆる電波塔の役割であり、各地に安置された王の姿を刻む石彫や石像、各個人が所有していた小像が受信装置だったと考えられます。

 つまり、二分心仮説から深堀するピラミッドの正体は、民衆に幻聴(催眠状態を維持)作用を引き起こすためのきっかけ(象徴)であり各地に安置された王や神の姿(像)が、人々の脳内に神々の声を響かせるためのツール(現代でいうスマホ)みたいな役割だった。

 

ファラオの声が必要だった

 意識を持たない二分心の人々の興味は今この瞬間だけ。です。なぜなら時間(過去や未来)を司る左脳が抑圧されていたからです。

 日々の取引や交易、約束事などその瞬間に必要だと感じたことは記録に残したかもしれませんが、
想いを後世へ残す。という行為自体が現代人の特殊な考え方なのかもしれないのです。

 王家の谷に見られる絢爛豪華な装飾は、死した王が新天地(冥界)までたどり着くための地図であり、冥界で生活するための生活必需品とともに安置しました。

 なぜなら、彼らを導くファラオの声は『声正しき者』として死後も響き渡り、彼らにとって故人は『今』も冥界で生きていたからです。

声正しき者の称号

 ファラオが亡くなると死後、冥界に向かう途中で、アヌビス神によって、その心臓を秤にかけられ、生前の行いが正しかったかどうかの審判を受けます。

 審判を乗り越えることができればファラオは『声正しき者』の称号を死後に与えられる

 二分心の人々にとって神々の声は常に正しく導いてくれるものであった。

 古王国時代、王だけが死後、オシリス神となることができたため、声正しき者という称号は、神となった王である声を想起させるために古代エジプト人にとって重要なものだったのかもしれません。

古代エジプト人の死生観カーとバーの定義

 『カー』と『バー』は魂や生命力の事で、古代エジプト独特の表現。何を指しているか、現代でも断定は難しく、むしろ当時の人々でもはっきりとした定義は分かっていなかったと考えられています。

 ここでは二分心仮説をもとに、カーとバーが何を指しているか検討してみたいと思います。

 カー(潜在意識):人間の影のような分身であり、生命力を表し常に人間と重なり合って存在しているものです。人間が死ぬとカーは肉体から離れていく。(肉体を動かすための命令側、右脳的概念)

 バー(顕在意識):固有の人格を宿した魂と解釈されており、人間の活動的な力を現している。しばしば人頭に鳥の体として描写されています。人間が死んでもバーは肉体に留まる。(主体的な行動を司る左脳的概念)

 二分心仮説から考えると、肉体を動かすための指示系統(動力源)がカー。つまり神の側です。逆説的に言えば、カーが肉体から離れていくと人間は行動力を失い死ぬ。(動力源の消失→肉体の死)肉体の死後、カーは声正しき者としてあの世で生き続けると古代エジプト人は考えた。

 人間的な主体的行動を促し、個性付けるための概念がバーカーが肉体に戻ってきたときに生前の人格を復活させる概念がバー。だからバーは肉体に留まると考えられていた。

 故にバーは、カーによって機能する

 カーは王の人格ではなく王の分身(神々)だと認識されていた。カー(神々)の言葉は、王のバー(人格)を通して民衆に伝えられていた。王の人格(バー)はミイラに残る。

 王の象徴(ミイラ、石像、ピラミッド)にカーが戻った時に、王の声を死後も受け取ることが出来ると考えられていた。

 プリンタで例えるなら、カーがPCからプリンタに送られるデータで、バーはインク(用意されたインクの色はみんな違う)、出力されたカラーイラストがその人の個性や人格となる。

 無機質なデータはインクを介して個性的な表現を初めて持つ。プリンタが肉体ならばインクは肉体に依存する。(留まる)

古代エジプト文明を支えた二分心の崩壊

 古代エジプト王国は、とても寛容で多くの移民を受け入れました

 古王朝時代にはナイル川流域だけで100万人という現代でも大都市に匹敵する数の民を統率するために、強大な一つの権力の象徴が必要だった。

 第五王朝までの古代エジプト人は、ファラオという権力者が統治する一つの完結した箱庭の中で、大いなる神々のルールに従って生活を送っていた。故に争いは少なかったと見られています。

 しかしながら移民流入増によって7~11王朝時に政治的内紛が勃発。各地に群雄割拠。

 長期間にわたって安定した統治を続けていた古王国の崩壊とその後の戦乱によって社会的、思想的、政治的に大きな変化をもたらした。

 これがきっかけで政治混乱や異文化同士の小競り合いが増えたために、神々の声では統制が利かなくなり二分心を持つ人々が淘汰されていったのではないかと考えます。

 その証拠にピラミッドは第18王朝、紀元前1550年から1525年の間を最後に建設されることはなくなりました文明の混乱期が繰り返されるとともに、少しずつ二分心の崩壊が進み意識を持つ人々が大多数に転じた時、神々の声は消失した。ピラミッドから幻覚機能を得られなくなった人々にとって作る意味が理解できなくなったからではないか

 やがて文明は混濁していき人々に意識が渦巻き、生活と切り離され宗教として分離していくことになる。のちに誕生する王家の谷の絢爛豪華な装飾はそれらの名残である。

 しかしながら彼らは神々やファラオの声が聞こえなくなったとしても、残されたピラミッドや神殿に祀られた石像群は、神々やファラオが冥界で存在していると信じざるを得ないほどの存在だったのではないだろうか。

ネフェルタリの墓 引用元:TORAmamaLIFE

 二分心が消失してもなお、建設から1000年以上経過した子孫に対しても大きな影響を及ぼしていた。それだけの権威と実用性をピラミッドは備えていたのです。

『二分心』関連記事↓

2025年7月予言シリーズ
古代の叡智に迫るシリーズ
宇宙の謎に迫るシリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました